リストラ対策最新の記事

再就職に向けての勢いを保つ

世界中に不況の波が押し寄せて、身近な会社も次々つぶれていく・・・。これはただことではありません。何としてでも今の会社にしがみついていたいのに、トントンと肩を叩かれ「いよいよ自分にもリストラの4文字が圧し掛かってきた」そんな人もたくさんいることでしょう。
突然の肩たたきに「まさか自分が?」と驚く人、またはそろそろ自分もリストラかなと予想はしていた人、どちらにしても生活のかかった仕事ですから、次の対策を練る必要があります。
解雇されたらしばらく気持ちの整理をしてから心機一転、就職活動を始めようという心づもりの人もいるかもしれません。長く勤めてきた会社であれば、なおさら気持ちの整理に時間がかかるかもしれません。しかし今後の生活のための対策として再就職を考えているのなら、退職後、ブランクが開くほど自分という商品の鮮度が落ち、採用されにくくなることも忘れてはいけません。
特に今は就職口を探す人が増えていますから、気持ちの整理に時間をかけている間に希望の会社の求人が埋まってしまうかもしれません。再就職に向けての勢いを減速させず、チャンスを逃さないように情報を早め早めにキャッチしておきましょう。
求人情報は新聞だけでなく、求人情報誌や人材紹介機関、転職フェアなどいろいろな方法で公示されています。とにかく再就職したい一心で焦って情報を見落として、とんでもないところに雇われてしまった、なんていうことのないように、情報収集は積極的に、入社は慎重に行なってくださいね。

リストラ対策について

会社が社員を解雇するには、社会常識から見てもっともだと言えるような合理的な理由が必要となります。つまり一方的に解雇されるということは認められていないのです。
カテゴリー
更新履歴
再就職に向けての勢いを保つ(2009年7月 2日)
解雇が認められる合理的な理由とは(2009年7月 2日)
ハローワーク(2009年7月 2日)
求人広告を見る時の注意点(2009年7月 2日)